梅園神社(埼玉県越生町)

2017.3 黒山熊野神社参拝後、引き返して、梅園神社へ詣でました。

素敵な鳥居ですね。

大杉に囲まれた拝殿付近

少し傾いた大杉の間から覗く拝殿は、とても印象的です。

拝殿・本殿

本殿

全体的に朽ちていますね。残念です。良い感じの境内なんですけど・・・。

古くは、神仏習合の社であった。小杉天神社と称した江戸時代には、本山派修験山本坊配下の大泉院が社務を司っており、
明治維新の神仏分離令を経て、明治40年に堂山の近戸神社と上谷の三島神社などを合祀して梅園神社と改称した。 http://www.jalan.net/kankou/spt_11327ag2130012543/

元は小杉天神社といい、平安時代に北野天神を京都から勧請したものという。梅ノ木もその頃もたらされた。梅の実は
梅干に加工され江戸に送られたという。http://kamimeguri.web.fc2.com/umezonojinjya.html

崖には祠もありました。

境内から道路を挟んだ反対側の川向うは越生梅林です。

越生梅林
埼玉県入間郡越生町にある越辺川沿いに広がる梅林。水戸偕楽園、熱海梅園と共に「関東三大梅林」の1つとされている。
南北朝時代に武蔵国小杉村に大宰府より天満宮を分祀する(梅園神社)際に梅を植えたのが起源という。by wikipedia

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中