梅宮神社(埼玉県狭山市)

2017.2

埼玉県狭山市にある「梅宮神社」へ寄ってきました。甘酒祭りの事は知りませんでしたが、何となく柔らかい空気に包まれた

神社でした。単に「梅」と付く神社だったかもしれませんが(笑

拝殿

承和5年(838)、京都の梅宮神社を勧請したといわれ、昔は上・下奥富はもちろん東三ツ木、田中、峯、沢地区の総鎮守

として多くの人達に信仰されていました。毎年2月10日・11日の両日に催される甘酒祭りは、県内でも有名な祭りの一つ

です。11日は、西方囃子も上演され、大変賑わいます。狭山市のHPより。

  • 祭神 瓊々杵尊ににぎのみこと  木花咲耶姫命このはなさくやひめのみこと
  • 彦火火出見尊ひこほほでみのみこと 大山祇命おおやまずみのみこと

本殿

本殿の裏には、御神木がありました。本木は枯れてしまったか落雷か?脇から幹が伸びていました。

梅宮神社の甘酒祭り

承和5年(838年)に鎮座した梅宮神社で催される祭りで、木花咲耶姫命から彦火々出見命が産まれたのを喜んだ大山祇神が、

白酒を造り天地神に祀ったところからはじまったといわれている。 2016年現在では、9組の頭屋の頭屋制(輪番制)で祭りが

行われるのが特徴で、2月10日は宵宮として夜に座揃式を行う。2月11日は大祭で、西方囃子を上演、だるま市、植木市が

開かれる。by wikipedia

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中