秋谷神明社(横須賀市秋谷)

2017.2

三浦半島最高峰の大楠山を登りに行きましたが、道中、秋谷神明社へ寄りました。

若命家長屋門

屋根は瓦ぶきで、壁は漆喰(しっくい)、腰には平瓦を張り付けた、なまこ壁の長屋門です。入口正面に向って左手には

納屋、米蔵があり、右手には畳部屋が付属します。門扉は内開きの欅(けやき)の扉で、以前は木部に柿渋が塗られ、

雨や風からの保護がなされていました。建築年代は江戸末期と伝えられています。若命家は、江戸時代に秋谷村の名主役を

務め、本陣としての役目を果たしていました。横須賀市hpより

長屋門の奥に「秋谷神明社」はありました。

拝殿

立派な神社です。彫刻も素晴らしい。

ゆっくり、じっくり観たかったのですが、大楠山へ登りますし、翌日が祈年祭のようで準備の方々が沢山居られたので

まあ、また機会があれば訪れたいと。。

元弘元年(1331年)に若命基盛が相模国葛原から祭神を奉載し秋谷に移し、秋谷の守護神となったようですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中