奥氷川神社(奥多摩)

2017.1.7 奥多摩へ行ったついでに奥氷川神社へ寄ってきました。

境内は、何となくゲートボールでもやりそうな雰囲気^^ ベンチもあちこちに^^

地元に溶け込み愛されているような感じでしたよ。

拝殿正面

背後の杉が立派です。

氷川神社は、東京都・埼玉県近辺に約200社あるそうですが、氷川神社の総本社は、「大宮氷川神社」。

「武蔵三氷川」とは、さいたま市の大宮氷川神社、所沢市の中氷川神社、そして奥多摩町の奥氷川神社。

この神社はほぼ一線でつながり、本社・中社・奥社の関係になっているそうです。

日本武尊が東征の折に祀った社を起源とし、貞観2年(860年)无邪志国造の出雲族が「奥氷川大明神」として再興したと伝えられる。

境内にあった「氷川の三本杉」

かつての奥氷川神社は、現在の奥多摩駅周辺一帯の広大な境内を誇っていたといいます。

現在は国道411号線によって境内が分断されていますが、その境内のもっとも西側、道路に面するようにそびえているのが

氷川の三本杉です。3本の杉が癒着して成長したもので、幹の太さは7.5m、樹齢は700年ともいわれており、東京でも1,2を争う

大きなスギです。樹高は50mあり、これは東京ではもっと背の高い木といわれています。http://www.kyoju.jp/okutama/3.html

本殿

何となく、ちょっと寂しい思いをした神社でした。夕方だったから・・・・・・?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中