筑波山神社

筑波山

2011-02-15 18:40:17 | ・旅
2011.2.13 筑波山&牛久大仏へ行ってきました。三連休だったのですが、金、土共に雪&雨で、
ほとんど家から出ませんでした。日曜日は終日良い天気でしたよ^^

筑波山
関東地方東部の茨城県つくば市北端にある標高877mの山。西側に位置する男体山(標高871m)と
東側に位置する女体山(標高877m)からなる。
筑波山は火山ではなく、花崗岩が隆起して風雨で削られたため現在のような形になったとされる。

筑波山神社
古代より山岳信仰の対象とされてきた筑波山を境内とし、男体山頂に筑波男大神(伊弉諾尊)を、
女体山頂に筑波女大神(伊弉冉尊)を祀る本殿が建てられており、拝殿は筑波山南面の中腹にある。

第十代崇神天皇の御代(約二千年前)に、筑波山を中心として、筑波、新治、茨城の三国が建置さ
れて、物部氏の一族筑波命が筑波国造に命じられ、以来筑波一族が祭政一致で筑波山神社に奉仕し
ました。


白菜畑と筑波山♪


筑波山神社
文化財がたくさん♪ よい空気でしたよ^^
神社脇のお土産屋さんのおばちゃん、いっぱいオマケしてくれました。お土産屋さんの中、懐かしい
匂いがしましたよ。何て言えばいいのかな・・・木造の家が温まっている匂い・・・


筑波山ガマの油売り口上保存会の方が熱演していましたよ。
近寄って見ようとしたら、口上を止めて「あれ?大崎先生?!」と、どこぞの先生に間違えられちゃって(笑
一枚が二枚、二枚が四枚・・・・ 最後は、ガマの油を刀に塗って、腕に押し付けて、切れないパフォーマンス。
その後、油を綺麗に拭き取って、今度は腕が切れちゃって・・・(ホントに血が吹き出ていた!)、その後、ガマ
の油を塗ると、あっという間に止血。う~む・・・・身体をはっての口上・・・脱帽っす。
後は、御神木。樹齢800年以上と言われる大杉です。

ガマの油とは、江戸時代に傷薬として売られていたとされる軟膏剤。このガマとは、元はガマガエル(ヒキガエル)である。
でも傷薬として用いられる「蝦蟇の油」は動物の脂肪から取った油、もしくは外傷に対し効果のある植物のガマの誤解である。
だって^^;;;


木々の上から、雪がどさ~、どさ~っと落ちてきます。やばい!と木の下に隠れると、やっぱり、
どさ~っと落ちてきます(笑


神社からロープウェイのりばまでの間に福寿草があちこちに^^


霞ヶ浦と筑波山
あんまり霞ヶ浦って見たことがなくて立ち寄ってきました。沼沿いの道は狭くって、葦も沢山で、
近寄れないんですよねー。つまんない。。。 結構、波があって(風があって)水鳥たちが波乗り
してましたよ。

筑波山山頂駅

2011-02-16 11:03:54 | ・旅
神社に立ち寄った後、ケーブルカーで山頂へ。
神社の標高は約270m、頂上は871m。


ケーブルカー筑波山山頂駅より。
上がれば上がるほど雪が多くなってきて・・・こんなに雪が積もっているとは思わなかったっす。


頂上駅からの絶景でございます^^
こんな日に来る事は、今後もなかなかないだろうなあ。


めをと食堂より。日光連山が綺麗に♪ 向こうの男体山と向かい合っているようですねー。
この食堂の「つくばそば&うどん」具沢山で味も美味しかったですよ。この日の前日15時に
ロープウェイが再開したそうです(大雪の為)
ここから東京タワーやスカイツリーも見えるようですよ。


山頂を目指しますよ^^
結構積雪があって、スニーカーではなかなかしんどいです。
下りが、もう大変^^;; 結構ワクワクドキドキしちゃったのでした^^

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中