月読宮(伊勢)

2012.5.2~5.4 伊勢旅行記5・月読宮

2012-05-14 00:24:05 | ・旅

さ~て、内宮を後にして、また、おはらい町を通るのは人が多すぎるので、ちょっとウロウロ・・・

大水神社(皇大神宮摂社)

五十鈴川を挟んで、内宮の対岸の 旧林崎文庫の南隣の階段上に社殿がある。 神宮の駐車場の裏にあって、

参拝客はほとんどいない。しかし、スゴイ大クス!!!写真のおばあさんは地元の方のようで、よく参拝されて

いるようでしたが、神社におぶさるような大クスを見上げていたら、こんな巨木があったんだねえと感心してまし

た。腰が曲がってらしたので、下ばかり見ていたのかな^^(笑) 樹高20m、幹周り8.9m。

饗土橋姫(あえどはしひめ)神社(祭神は宇治橋守護の神)の脇の水路 こちらも良い空間です^^

さて、駐車場に戻り、名古屋を目指そうとして、ナビを見ると、近くに「月読宮」の文字が・・・。なんか惹かれて

行ってみました。(後で調べたら内宮(皇大神宮)別宮だった)天照大神・(太陽神)が陽なら、「月」はまさに陰。

月讀宮は外宮(豊受大神宮)から約3.8km、内宮から約1.8kmの五十鈴川中流域の中村町にある内宮別宮。

内宮とは違い、とても静かな空気が流れていました。

月讀荒御魂宮

月讀宮 (最高神天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟神の月讀尊が祭神)

向かって右(東)から月讀荒御魂宮、月讀宮、伊佐奈岐宮、伊佐奈弥宮と並んでいる。神明造の社殿が4つ並ぶ

様は壮観です。記帳所には数名の方が並んでおられました。とても落ち着いた空気が流れていました。

 

というわけで、知らず知らずにうちに、あちらこちらに導かれ、正しくインスピレーションを受け取ることができた

伊勢旅行でございました。不思議。。。。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中