二見輿玉神社

2012.5.2~5.4 伊勢旅行記2・二見輿玉神社

2012-05-10 16:06:10 | ・旅

5/2 外宮参拝後、今夜のお宿の二見温泉へ向かいました。途中、内宮にちょこっと寄ってみるかとも

思いましたが、とにかく雨風が強いまま^^;; 更に南の尾鷲方面の国道42号が通行止めとなったようで、

15:30頃、早めにお宿に入っちゃいました。

お宿「二見温泉 ホテル清海」の部屋から望遠で撮った夫婦岩。結局、夜中までこの雨風は続いたようです。。。^^;;

5/3 翌朝の夫婦岩。午前中まで雨の予報でしたが、朝から雨は上がっていました。ラッキー~♪

ここのホテル、かなり年季が入っているのですが、従業員さんもなかなか皆さま、年季が入っております(爆)

「いや~、ここはお湯だけはいいんですよ~~~」等々、なかなか自虐的なんですが、なかなかいい味を出して

いました。確かにお湯は最高で、海に面していて、ほんのり硫黄の香りの塩辛い感じ。三回も入っちゃいました^^

食事も美味しかったですよ! 安かったし^^

二見興玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)

お伊勢さんへ行く前に、寄っていきなさいよ~との仲居さんの言葉に従って、行ってきました。宿から目と鼻の先

ですからね。

竜宮社

境内社として祀られ、海の守護をされる尊い神様であり、 龍神を信仰される方々が全国よりお参りにきます。

夫婦岩

夫婦岩は、沖合約700M先に鎮まります興玉神石、また日の大神を拝する鳥居の役目をしています。

一年の間に日出や満月、富士山がこの方角に見られるようです。よい撮影スポットになっているようですよ^^

二見蛙

当神社の御祭神猿田彦大神は天孫降臨のさい、道案内をされたので (古事記、日本書紀)古来、交通安全

善導の守護神として広く信仰 されております。蛙は大神の御使いと信じられ、境内の置物は、無事かえる、

貸した物がかえる、若がえる等の縁起により御利益をうけられ た方々の献納です。

わはははは(笑) カエルがいっぱい^^

夫婦岩の左の岩の上にも、カエルに似た岩があります^^

「トンビ」や「ウ」がポーズをとっていましたよ。

望遠で狙ってみました。我こそは神の使いなり!!

 

浜参宮

古来、伊勢神宮に参拝する前、また、祭典に奉仕する前には、清き渚と称される二見浦で禊(沐浴)を行うのが

慣わしであった。現代ではそれに代わるものとして、二見興玉神社で霊草無垢塩草でのお祓いを受ける。これ

に使う幣は、興玉神石付近で採れる海草(アマモ)である。現在、神宮式年遷宮のお木曳行事やお白石持ち行事

への参加者は浜参宮を行う。by wiki

という事で、まったく知らなかったのですが、伊勢神宮参拝に行く前に、ここへ来て参拝したのは大正解だった

わけです。二見温泉を宿に選んだ理由は、単に伊勢の近くの温泉に入りたかっただけなのですが・・・。この

ような 導き が、この日、内宮参拝の後にも続きます。つづく~

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中