大室山浅間神社

2015.3.7~8 伊豆7(大室山)

2015-03-23 18:54:10 | ・旅

2015.3.7~8 伊豆へ行ってきました。

アニマルキングダムの後、大室山へ。

伊豆稲取

こんなふうに、ちょっと突き出ているんですねー。風が強くて海が鉄のような鉛のような輝き方をしてました。

慈慧さん情報で、ちょうどこの稲取で、つるし雛のお祭りをやっていたようで・・・気がつかず・・・残念無念^^;;;

いざ「大室山」へ。

すごい風でムチャクチャ寒かったです。そんな強風でもリフトは動いてました。

「山焼き」後なので黒かったです。

●大室山の山焼き

・700年以上の歴史があります。

・20~30分で丸焼きになるようです。

・害虫を駆除するため

・新芽の発芽を促すため

・野山を草地として利用するため

・観光客・イベント効果

総合すると、大室山での山焼き(野焼き)は、綺麗な山を維持するため・・ですかね。

山火事につながってしまうため、日本では山焼きは数箇所でしか行われていないようです。

だんだん雲が取れてきているんだけど、スッキリとは晴れませんでした。

それでも、強風のため、こんな風に視界がクッキリしてましたよ。それにしても凄い勾配を上ります。

スキー場なら上級者コースですなあ。。。

山頂は更にものすごい風でした・・・。

大室山は、でっかな草原の山、お椀を伏せたような山かと思ってましたが・・・。

標高580mの火山でしたー。

しかし、すり鉢状のクレーターの中にアチェリー場とは・・・・。

この火口の脇に神社があるというので行ってみました。

大室山浅間神社

創建時期や由緒は不明。

浅間神社の中でも珍しい、祭神を磐長姫命(いわながひめのみこと)のみとする神社。

その妹である木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)や父である大山祇神(おおやまつみのみこと)を祀る

富士山、および富士山本宮浅間大社と対を成すものとする説もある。by wikipedia

火口に沿って、ぐるりと一周できます。

眺めはホントに天空を歩いているようです。

あと、ちょっとで左上の最高点でしたが、ものすごい風で歩くのもままならず・・・ここで引き返しました。

青々とした草原の穏やかな風の吹く頃にまた来てみたいものです。

富士山も残念ながら雲の中・・・

初島がクッキリと見えていました。

いや~、遠くから見たことは何度もありましたが、なかなかインパクトのある山でしたよ。

帰りは海岸線を北上。熱海辺りまでは混んでも動いてましたが、熱海~真鶴は混みますねー。山側にところどころ道路がある

ようで、真剣に探せば裏道もありそう。でも、あんまり来ないからなあ。。。まあ、それでも距離が無いので、そんなに遅くならず

に帰宅しました^^ fin

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中