鬼鎮(きじん)神社

2016.2 埼玉県嵐山町の神社へ行ってきました。

まずは「鬼鎮(きじん)神社」へ

カーブしている道路脇に、おもむろに真っ直ぐ参道が伸びています。

「畠山重忠公の菅谷城の、鬼門除けの守護神として鎌倉街道に沿って建立された神社」ということで、ここは旧鎌倉街道なのかな?

拝殿前には「こん棒」が立て掛けてありましたよ。まさに鬼に金棒^^

鬼を祭る珍しい神社です。

旧村社で、地元では俗にキジンサマ・キチンサマなどと呼ばれているようです。

戦時中は軍人や家族が、現在では受験生や選挙の候補者などが「必勝祈願」に訪れる。

節分の日には境内で豆まきが行われるが、青鬼と赤鬼の面をつけた氏子が、「福は内、鬼は内、悪魔そと」と叫びながら、

参拝者に福豆をぶつける。

約八百年前、安徳天皇の御代、寿永元年に創建され、御祭神は衝立船戸神、八衢比古命、 八衢比売命で、主神の、衝立船戸神は、

伊邪那岐命が黄泉の国を訪れた後、筑紫日向の橋 小門の阿波岐原で、禊祓いをして持っていた杖を投げ出した時、杖より生まれた

神である。 それが幅広く解釈されて、悪魔払いの神、家内安全商売繁昌の神、受験の神と、人生の指 針を示し、強い力を授ける神

として崇められている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中