走り湯神社

2016.10 熱海

2016-10-28 15:27:10 | ・ショートトリップ

2016.10.21~22

恒例の仕事絡みで熱海へ行ってきました。大抵はクルマで行くのですが、翌日、小田原で解散との事で新幹線で行きましたよ。

東京10:26のこだまに乗る予定が、ちょっと早く出たら09:56のこだまに乗れちゃって10:45分には熱海に着いたのでした(笑

で、集合場所まで駅から歩いても20分ということで歩きましたよ。

朝顔は、秋の訪れを告げる花。夜明けに開いて昼にはしぼむ。日本人はこの花に秋の訪れを感じてきた。


ええ~! 朝顔って秋の訪れを告げる花なの?夏かと思ってたけど・・・でも確かに晩夏とか初秋に咲いてるよなあ。

薄暗い石垣に可憐な野菊^^

空地には????? ノイバラの仲間かな。

ハイビスカス 綺麗!

ものすごい水量です。急流なので音もスゴイです。

この川、調べてみたのですが良く解りません。

おそらく↓ではないかと思うのですが・・・。

逢初川(あいぞめがわ) [延長]1,300m [起点]熱海市伊豆山字赤井谷1079番の23地先 [終点]海に至る

伊豆山の方から急こう配を一気に海に向かって流れているようです。

更に海に向かって急こう配を流れていきます。

隣には「伊豆山・走り湯温泉」がありますが、この「走り湯」という命名の由来はそのお湯の勢いにあります。

かつて湧き出た温泉が海に向かって走るように流れていたため「走り湯」と呼ばれるようになったと言われております。

「熱海」の由来も、山から流れ落ちる熱い湯で海が温かいからだそうです。

「伊豆山のバクチノキ)

急流脇にありました。

道路脇、海に近い小屋には、こんな提灯が^^ 缶ビールも使えますねえ^^

あっという間に海沿いです。この足湯に入ろうと思ったのですが、熱いのなんの^^;

「水で薄めてお入りください」・・・・・・しかし、蛇口をひねっても水は出ず・・・諦めました。

伊豆山神社参道について。ここから始まっているようですよ。837段!!!

走湯温泉湧出口

中はすごい熱気で、メガネはあっという間に曇って何も見えません。源頼朝もつかったという温泉の史跡、走り湯。

走り湯神社

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中