筑波山神社

筑波山神社1(神橋、随神門、大杉)

2016-06-11 08:37:09 | ・神社・お寺

2016.6.4 筑波山神社へ行ってきました。5年ぶりですね。

市営第3駐車場に入れたので脇から、つくば道へ。

石畳がいい感じです。鳥居内に拝殿、筑波山を入れたかったので地面すれすれから撮影^^

参道中央にある「筑波山神社御新橋」

神橋(しんきょう)
切妻造小羽葺屋根付、間口1間、奥行4間で、安土桃山時代の様式の反橋(そりはし)。
寛永10年(1633年)の3代将軍徳川家光による寄進とされ、元禄15年(1702年)に
5代将軍徳川綱吉により改修された。
春秋の御座替祭の際には、神輿と従者がここを渡る。by wikipedia

神橋 反対側より 神橋の向こうに鳥居が見えます。

 

大きくて立派ですねー。

随神門

茨城県内では随一の規模である。古くは寛永10年(1633年)に3代将軍徳川家光により寄進されたが、宝暦4年(1754年)に焼失、

再建されるも明和4年(1767年)に再度焼失した。現在の楼門は、その後の文化8年(1811年)の再建によるものである。

神仏習合時代には「仁王門」として仁王像(金剛力士像)を安置したが、神仏分離後は「随神門」とされた。

現在の随神門では、拝殿向かって左側に倭健命(やまとたけるのみこと)、右側に豊木入日子命(とよきいりひこのみこと)の随神像を

安置する。by wikipedia

境内側より

ちょうど「ガマの油売り口上」が終わったところでしたー。

筑波山神社境内の随神門近くに立つ、樹齢約800年、幹まわり9.8m、高さ32mの大杉。

筑波山へ登る前、10時ごろの撮影

筑波山へ登った後の13時半頃の撮影

時間によって随分と大杉の表情が変わりますね。 とても元気な大杉でしたよ。

筑波山神社2(拝殿周辺)

2016-06-13 08:40:11 | ・神社・お寺

2016.6.4 筑波山神社へ行ってきました。つづきです。

筑波山神社境内案内図です。

大きな鈴ですねー。切れ込みが「ハート型」になってます。縁結びお利益?^^

筑波山神社拝殿

筑波山を神体山として祀る神社で、主要社殿は次の3箇所に形成されている。
男体山本殿 – 西峰頂上(男体山、標高871メートル)。
女体山本殿 – 東峰頂上(女体山、標高877メートル)。
拝殿 – 山腹(標高270メートル)。両本殿を遥拝する。

主祭神は次の2柱。
筑波男ノ神(つくばおのかみ、筑波男大神)男体山の神。人格神を伊弉諾尊(いざなぎのみこと)
筑波女ノ神(つくばめのかみ、筑波女大神)女体山の神。人格神を伊弉冊尊(いざなみのみこと)

by wikipedia

結婚式を挙げられたようですよ。

葉っぱの丸い「丸葉楠」 樹齢は解りませんが、とても元気です。

「東京・筑山講 奉献」となっていますね。狛犬の睨みが鋭いです^^

筑波山神社3(境内内周辺)

2016-06-15 14:55:43 | ・神社・お寺

2016.6.4 筑波山神社へ行ってきました。つづきです。なんか小出しにしてますなー(笑

境内周り周辺を散策。筑波山から下りてきた後です。筑波山上は後で紹介しますよ。

境内西側裏手にある出世稲荷神社

日枝神社・春日神社 共有拝殿

常陸七福神

土浦市にある真延寺本尊の七福神像をブロンズで2体づつ2組複製し、1組を真延寺に置き、 もう1組を筑波山域と霞ヶ浦周辺の5つの

寺院と2つの神社に置き1985(昭和60)年ごろ開創。筑波山は「えびす神」

筑波山神社東並びの春日神社本殿(左)と日枝神社本殿(右)

本殿・拝殿とも寛永10年(1633年)の3代将軍徳川家光による寄進とされます。吸い寄せられました。

西側より

末社は、神社整理以前には百社以上があったそうです。

愛宕神社前の大杉。こちらも立派です。

愛宕山神社

ちょっとカラーの白色が飛んじゃってますね^^;

神社境内外の右側を流れる川です。なんか奥に砂防石垣?があって良い感じでした。

筑波山神社4(男体山本殿・女体山本殿)

2016-06-16 06:45:43 | ・神社・お寺

2016.6.4 筑波山神社へ行ってきました。更につづきです。

筑波山ケーブルカーで筑波山山頂へ。

筑波山は、西側の男体山(標高871m)と東側の女体山(標高877m)からなる。

まずは男体山へ。

ちょ~っと靄ってましたね。

男体山本殿

参拝後、東側の女体山へ。

女体山へ向かう途中にあった「ガマ石」

元来「雄龍石」といい傍らに「雌龍石」もあり、この場所で永井兵助が「ガマの油売り口上」を考え出したことでガマ石と呼ばれます。

石を投げて口の中に入ると出世するようです。結構石が詰まってますが、うまく入れている方が居ましたよ^^

女体山本殿

女体山本殿 上部より

かなり混雑していました。ここからの眺めはスゴイです。

足が震えます^^;

滑ったら、真っ逆さま^^;

足がすくみます。高所恐怖症の方はご遠慮ください。なかなか、おっかない山頂でした。

左奥は男体山ですよ。

御幸ケ原と女体山の中間地点にある「せきれい茶屋」(セキレイ石の前)

「つくばうどん」美味しかったですよ。

まだまだ観るところは沢山あります。

次回は、「つつじヶ丘」から奇岩・怪石、男女川の源流と紫峰杉、自然探求路一周をしてみたいです。

筑波神社から女体山山頂を目指し、奇岩・怪石、男女川の源流と紫峰杉、自然探求路一周の方がいいかな。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中