大宮住吉神社

2016-02-08 08:54:43 | ・神社・お寺

「大宮住吉神社」へ

大宮住吉神社

天徳3年(959)、山田長慶が長門一の宮(山口県下関市)住吉神社の分霊を勧請したことに始まります。

康平年間(1058~1064)、源義家が奥州平定の途中に反徒の鎮定を祈願し陣鉦を献じたといわれ、

文治3年(1187)には源頼朝により北武蔵十二郡の総社に指定されました。

立派な神楽殿です。

大宮住吉神楽について

大宮住吉神社では年3回(2月23日、4月3日、11月23日)大宮住吉神楽が奉納されます。

古くから大宮住吉神社の氏子の有志により継承されてきた大宮住吉神楽は、江戸里神楽の系統を伝承しており、

神話を題材にした十二曲のほか、十曲の座外の曲目が伝えられています。

国選択無形民俗文化財・県指定無形民俗文化財に指定。

駐車場前の弁天様。弁天池に鯉がたくさんいて、鯉の餌の販売機まで設置して在りました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中